斎藤晴彦(さいとうはるひこ)さんの死因

日刊weblog

話題のニュースを独自の目線でレビューしています。

斎藤晴彦(さいとうはるひこ)さんの死因【動画あり】

読了までの目安時間:約 2分

 

斎藤晴彦(さいとうはるひこ)さんが一昨日27正午ごろ、
この世を去った。

斎藤晴彦という、俳優としては余りにもありふれたお名前故、
特に最近の若い方には「誰?」と思われるかもしれないが、
代表作と言われる舞台【放浪記】では菊田一夫役(劇作家)を演じ、
「レ・ミゼラブル」でも存在感を見せつけた個性派俳優である。

死因はまだ発表されていないようだが、2年前心不全で入院している経緯がある。
退院後の経過は良好だったとの事で、事務所の関係者は驚きと戸惑いを隠せずにいる。

さて、生前の斎藤晴彦さんと言えば、11PMの司会を行ったり、
クラシックに日本語詞を乗せる替え歌を作り話題を呼んだ。
確か、KDDのCMソングだったような覚えがあるが。

斎藤晴彦さんの動画はさほどアップされてしないが、一応貼っておく。



しかし、73歳での他界とは、余りにも早すぎる。
日本人の男性の平均寿命は、近年また伸びて80歳に届こうとしているのに。
やはり、多忙な芸能生活を送られていると、病の進行が速かったり、
ましてや舞台中などでは、治療に充てられる時間もあまり無かったのでは?
と想像してしまう。

日本の一時代を築いた名わき役とも言える存在であるため、
熱烈なファンならずとも、残念に思えて仕方が無いところだろう。

森光子さんが、そろそろ寂しがっているのかも?
という声も聞こえてきそうだが、もしそうであれば、
斎藤さんとしては、この旅路は本意であるのかもしれない。

合掌