トレンドデイリーニュース

日刊weblog

話題のニュースを独自の目線でレビューしています。

【PR】

はじめての花咲舞が黙っていない 視聴率

読了までの目安時間:約 2分

 

花咲舞が黙ってない、っていうドラマが面白いらしい。

何でも、例の半沢直樹と同じ原作者の作品との事で、
「お言葉を返すようですが」
を流行らそうという思惑も見え隠れしている。

ま、倍返しの時もそうだけど、
思ったほど、社内で悪い風に流行ることは無かったから、
別に良いんだけど・・・

これ、真に受けて、何でもかんでも、
お言葉を返していると、思わぬしっぺ返しがくるから
そこらへんは、胆に銘じておくんだよ。

で、この花咲舞・・・の視聴率だけど、





楽天 1,502円 〜

 → 【ドラマ 花咲舞が黙っていない 原作シリーズ】 不祥事 新装版 (文庫) & 銀行総務特命 新装版 (文庫)  講談社



楽天オークション 1,610円 〜

 → 池井戸潤 4冊 不祥事/;銀行総務特命(花咲舞が黙っていない), 等



Yahoooオークション 1,297円 〜

 → 池井戸潤 4冊 不祥事/;銀行総務特命(花咲舞が黙っていない) 等







第5話 13.8%

第4話 16.3%

第3話 15.4%

第2話 14.7%

第1話 17.2%



ってことで、2〜4話までは、順調に伸ばしていたが、

ここへ来て失速。



これは、視聴者の飽きなのか?

それとも、強力な裏番組の存在なのか?



全くテレビを見ていないので、私には事実を掴むことは

出来かねるのだが、ひとつだけハッキリ言えることがある。



二番煎じは、本家を上回ることは絶対に無い。



もし、半沢の流れを汲むような思惑があったとすれば、

それは脆くも崩れ去るだろうね。



こういうドラマにかぶりつく輩は、所詮バカなんだけど、

バカが故に、素直に飽きるから、似たような雰囲気を持つものに、

いつまでも付き合ってはくれないってことだ。



プロデューサーも、そこんとこを感じるようにならんと、

一流にはなりきれんぞ。




 

この記事に関連する記事一覧

【PR】