トレンドデイリーニュース

日刊weblog

話題のニュースを独自の目線でレビューしています。

【PR】

女性は雰囲気で「濡れる」立花亜野芽のコラムが面白い

読了までの目安時間:約 6分

 

ナニの大きさよりも、起ち具合よりも、固さよりも、女性は雰囲気で「濡れる」と豪語するのは、肉食系女子として人気の立花亜野芽ちゃん。


今月からDMMニュースにコラムを立ち上げ連載を始めた彼女ですが、そのキャラ全快のコンテンツを披露して話題になってます。

亜野芽ちゃん曰く、女子会の定番ネタとしてあげられるのが、誰それとの関係話。

こんな話、エロい男しかしないと思っているのは我々男性だけで、実際には女性の方がやっぱり活発なんですねw

んで、その中で常に言われるのが、オンナは雰囲気で濡れるってこと。

テクニックは二の次であって、女性は脳内で現実と妄想をコントロールして楽しみながら、SEXを進めていくんですね。

つまり、愛のあるSEXじゃないとイケないっていうのは、実際只のキレイ事では無く、本音ってことなんです。

これ、ション便臭い小娘が言ってたらアレですが、100人斬りを達成している彼女が言うんですから、かなり信憑性が高いです。

ということで、これからはガツガツ行くばかりでは無く、特に初対戦の女性には、ムード作りを心掛けたいものですね。


恋愛ショートコラム


少額ポイントシステム・定額システムの出会い系のサイトに関しては、信頼できますし、それに加えてここ2~3年でひどく増加した40代以降の男女や結婚している男女同士の大人の出会いをする時にも使っていただけます。
先につながるような一生をかけた真剣な出会いや、恋愛相手となる人を探し求めているたくさんの男性・女性のために、利用登録料なしで利用可能な、安心の出会いサイトを揃えています。
もし恋愛が実るかどうかというくらいのことで、その人の暮らしが悲惨なものになったり、小さな恋愛がうまくいかなかったからといってひどく大きなダメージを受けていては、遅かれ早かれ恋愛できないようになってしまいます。
誰に対しても「18歳以上の方ですか?」と聞くだけじゃなくて、年齢に加えて誕生日の載っている書類で認証を実施しているというところも、高い信頼と安全が期待できる出会い系サイトなのでおすすめです。
映画みたいな出会いがない原因というのは、自分から動こうとしないから。うまくいかなかったとしてもそれですべてが終わるわけではありません。みんな失敗の経験によってぐんと成長するものです。やってみてダメでも気にしないことです。
恋愛に関して相談をするのでしたら、「何のことで悩んでいて」「悩みを抱えた原因は一体何か?」「自分自身はどういう風に感じているのか?」といった点くらいは、まとめておくことが必須です。
iPhone、Androidどちらでも利用可能なスマホ版「出会い系アプリ」というのは、まずダウンロードも利用も無料ということ、さらに近所で出会いがあるかも…という期待で、今、予想以上に好評です。
いわゆる婚活は、結婚前提の真剣な出会いにたどり着くための活動を指すことばです。当事者が色々と活動をしなければ、恋人とか伴侶に出会うことがないというこのなんだろうと思います。
スマホ向けの無料の出会いチャットアプリにも用心しなければいけません。サクラの言葉に惑わされてひどい目にあうというケースがかなり目立ってきていて、トラブルなく出会いを実現するのが簡単なものではなくなっているのです。
相談にのってもらう人の理解力は人によって差があります。正しく伝わらない場合もあるでしょう。そういう状況の場合は、その時点で詳細な説明を加えて、正確な悩みを把握してもらうといいでしょう。
いずれにしても、感づかれずにできるかどうかという点が成功の必須条件。有用な恋愛テクニックを実践するだけじゃなくて、気づかれないように態度に気を付ける、「パーフェクトな女優」の振る舞いを真似ることが欠かせません。
出会い系会員登録をする以前に、サイト別にある評価及び満足度などのデータや巷の評判などをリサーチして、実際のところをご理解いただいてから登録する方が賢明です。
一般の方々の間でも、出会い系についての悪い先入観が違ったものになりつつあります。使うべきものではないという主張がほとんどでした。でも以前とは違ってごく一般的な出会いの機会のひとつだと考えられています。
恋愛心理学による分析では、顔を合わせる時間が長いということよりも、会う回数自体を増加させる方がずっとよいとされています。30分だけでもいいから、会う頻度を上げたほうが仲良くなれると考えられているのです。
出会いがないなんて悲観している場合でも、意外と出会いのチャンスは転がっていますよ。新しい出会いのためには、一番に行動あるのみだと言えるでしょう。自分から動いて、新鮮な出会いを実現させましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

【PR】