トレンドデイリーニュース

日刊weblog

話題のニュースを独自の目線でレビューしています。

【PR】

国会で問題発言!!「懇ろ」ヤジ騒動いやらしい意味で言ったのだ!?

読了までの目安時間:約 5分

 

懇ろとは親身な親しいさまを表す言葉

 

 

である。

では、何故この懇ろが今話題になっているのかと言うと、

先日参議院予算委員会にて
山谷えり子 国家公安委員長にとんだヤジでした。

菅官房長官激怒! 山谷氏への「懇ろだった」やじに

そのやじとは

「宿泊先まで知っているのは
懇ろの関係じゃないのか」


というもの。

それに対して

周りからは即

「失礼だろ!」

「今の言葉は問題発言だな!」

なんて飛び交うしまつ。

このヤジで一時審議が中止になっている。

その問題発言の翌日に
民主党の 野田国義議員が
私が言ったと名乗り出ている。

本人いわく、

「誤解を与えた事は反省したい、
永い間の親しい関係と言う意味で使った。」

などと言い訳をしている模様。

更には

「九州ではよく使う言葉であり
その感覚が違うのかもしれない」

などの言い分があるようだが・・・

いくら福岡出身とは言えねぇ・・

 

政治評論家として50年の 浅川 博忠氏によると

 

佐藤栄作総理の頃はね

「冷たい答弁をすると
佐藤は甘いはずだぞ~」

などの

議場が与野党構わず爆笑に包まれる
そういうウイットにとんだヤジが多かったですが
最近は、国会の品位を下げるようなヤジが多くなってきているとのこと。

 

街の人のインタビューによると

 

日頃使う、あいつとあいつは懇ろだと言う意味での使い方と
今回野田国義議員が発した懇ろとは
タイミングと、事の成り行きからして
全く違う意味での懇ろだと言う人が多数のようです。

つまり、いやらしい意味で使った

というふうに普通は聞こえるのだという事でしょう。

それを、野田国義議員は
「九州では違う意味だと言っている」
ということですね。

 

本当の懇ろの意味

 

もともと、懇ろと言うのは
どういう意味なのでしょう。

礼儀作法に詳しい服飾評論家の
市田ひろみさんはこう言っています。

■懇ろ=心のこもった、親しい

・「懇ろのお心遣いありがとうございます」
・「懇ろの仲」

という事らしいですが、
後者の場合は男女の関係を意味するそうです。

つまり、公の場では使いにくい言葉
なのだそうです。

これは野田議員が発した

「宿泊先」

と言う言葉を踏まえれば、後者の意味に間違いがない筈であり
「嫌らしい意味で発した」
といわてても言い訳が利かないでしょう。

なのに

九州では

など、恥ずかしい言い訳を簡単にしてしまうあたりは
議員としてはどうなのか?

と疑問に感じてしまいますね。

九州の人に失礼だと思わないのでしょうか。

 

言葉と言うのは言った側の「つもり」は通用しません

 

相手がどうとるのかが全てであり、

このような事を簡単に発するべきではないでしょう。

いい年こいて、恥をかかない為に
こういったもので、
【送料無料】話し方が驚くほどうまくなる...

【送料無料】話し方が驚くほどうまくなる...
価格:1,048円(税込、送料込)


正しい日本語を覚えておいた方がいいかもですね。

政治家の方はお金儲けよりも
国民の事を考えてほしいですね。

 

この記事に関連する記事一覧

【PR】