札幌25歳女性殺害事件

日刊weblog

話題のニュースを独自の目線でレビューしています。

【PR】

札幌25歳女性殺害「参考人自殺」事件の行方は・・・

読了までの目安時間:約 5分

 

札幌市にて、伊藤華奈さんが遺体で見つかった事件





ですが、おととい33歳の参考人の男が首をつった状態で見つかりました。






参考人の男の詳細とは




首つり現場、男の近所の人によると

2~3日前から警察が来てこの現場で
鑑識など色々やっていたそうです。

その男性については

近所付き合いはほとんどない。

ただ、家に出入りする時くらいの挨拶はしていたようだ。


男は札幌市内で両親と同居しており

華奈さんと同じく33歳なのだそうだ。

友人曰く華奈さんとの面識はないそうです。

なのに何故、
自宅から20キロ以上離れた場所で遺体で発見されてのでしょう。


実は警察が華奈さんの事件を巡りこの男性の自宅を
家宅操作していたようです。

任意の同行を警察が男に求めた所
男性が逃走を図り、遺体で見つかった

という経緯らしい。

その後、男の車だけが小樽市の臨海公園でみつかったとの事だが

それからおよそ2週間後に
自宅から50キロ以上離れた橋の下で首をつった状態でみつかったという。

華奈さんの事件との関連は未だ分かっていないようだが
華奈さんの行方不明後から
勤めている会社を長期休暇していた事から
何らかの関連が疑われ、

その後、関東地方で別の事件で逮捕されている。


男のDNAが一致






別件で逮捕された際に警察がDNA鑑定をおこなったようだ。

その結果、
華奈さんの現場に合ったDNAと男のDNAが一致したそうだ。

しかし、

参考人の自殺で事件の真意が不明になってしまうのでしょうか・・


被害者華奈さんの父親・・・無念の思いで・・





華奈さんの父親は
俺がそばにいてあげれば守ってあげられたのに・・・
無念の思いで取材に答えています。

娘を失った事による悲しい思いより
犯人に対しての怒りばかりがこみあげてくると・・・

自分では何もできずに本当に悔しそうにしているのが
印象的です。

辛いだろうな、、お父さん。。

ただ、
なにをしようが何が起ころうが娘が返ってこないのは同じ

そう漏らしているそうです。

犯人が捕まらずに、事件が返ってこなかった事よりも

「娘が返ってこない」

ただそれだけを訴えるお父さんでした。

心中をお察しします。


調査に加わった元神奈川県警刑事の小川泰平さんによると・・・





現状では被害者の父親である和也さんは
事件についてまだ良くはあくしておらず

本日中に県警のほうから説明を受ける事になっている。

DNAが一致していた事から
間違いなく事件に関与している事は間違いない、

ただ、

DNA鑑定をすると数億分の1の確率で一致する訳ですので
本来なら逮捕状をとってもいいのですが

今回の場合は

混合DNAといった混ざったDNAがあり

遺体が事件後の数日たってから見つかった事から

単体のDNAではなかった事などから
逮捕状は出なかったのだろうと推測している。

となると、
DNA鑑定をしたとはいえ、可能性になってしまうのだそうだ。

あとは逃走を図った時期がいっちしている事から
この男が浮上した

ということなのだそうです。


しかし、男はもう死亡しました、
死人にくちなしです。

被害者の家族はさぞ悔しい思いをしていることでしょう。


DNA鑑定といえば・・・





DNA鑑定といえば
色々ありますけど、最近では
食品の偽装を個人で依頼できるようになっているようですね。

食品の偽造は日常茶飯事だと言っても良いほど
横行していますので、一度鑑定を依頼して見るのもいいのかもしれません。

↓↓

 

この記事に関連する記事一覧

【PR】